悪徳な請求書の話って、本当に馬鹿にならないですよ

悪徳サイトの詐欺の手口というものは最近では特に巧妙化していますからね、まさか自分は詐欺の被害に遭うことは無いだろう、絶対に大丈夫だろうと油断している人に限って詐欺の手口に巻き込まれることが多いので、くれぐれも注意してください。

全く身に覚えのない、わけのわからない請求書だったら、送られてきたものをチェックしたときに、全く身に覚えがないからといってとぼけるということが可能です。
要するに支払いの指示に従わないんですよね。
悪徳なサイトが利用者に対して送ってくる悪徳な請求書というのは、利用者の権利を守る法律というものがちゃんと日本の国には合って、その中でも特に悪徳サイトに関する決まりは厳しく設定されています。

どう考えても払えないような高額な料金を請求してくる場合もあれば、例えば五万円程度の、ちょっと無理をすれば払えるくらいの金額を請求される場合もあります。
特に後者の場合は、もしも支払いの指示に従わなければ大変なことになると勘違いした利用者が、つい支払ってしまうというケースが多いみたいです。
ちなみに、私はどちらのタイプの請求書も実際に送られてきた経験があるので、もし送られてきた請求書の金額が少なくて、支払いに応じなければひどいことになると思い込んでいる場合、怖くなってつい指示に従ってしまうという人の気持ちはよく分かります。

ただ、悪徳なサイトの請求書について本当に恐ろしいのは、実は一度でも指示に従ってお金を払ってしまった、その後かもしれません。
悪徳なサイトから請求書が来ても、これは払わなくていいということをきちんと理解していて、何回請求書が送られてきてもずっと無視したり、あるいは消費者生活センターなど公的な機関に相談するなど適切な処置が取れる人は、悪徳サイトの運営者も「こいつはカモにならないからダメだ」といってそのうち諦め、請求書を送ってこなくなるものなのですが、模試請求書の内容を真に受けてしまって一回でも料金を支払ってしまったら、悪徳サイトの運営者に「こいつはカモになる」もっとだましてやろうと判断されて、最悪の場合死ぬまで騙され続けることになってしまいます。

まあ、死ぬまでというのはさすがに大げさで、一番かんたんな方法なら、メールアドレスを変更するだけでも請求書は届かなくなるものなんですが、いずれにしても、請求をずっと無視し続けるのがベストなんです。
私の知人などは、ちょっとでも請求の内容に疑問を持ったら、自分が利用しているサイトが本当に優良なサイトなのかどうかを徹底的にチェックするといっていました。
もしも悪徳サイトだったら、自分がカモだと思われたくないじゃないですか。
送られてきた請求書の内容について、金額が大きい場合も小さい場合も要注意です。
今回は請求されている金額が小さいから、まあ払ってもいいかというふうに相手に少しでも弱みを見せてしまうと、単純に次からはもっと請求される金額が大きくなるというパターンです。
悪徳サイトの運営者は、利用者をだますことしか考えていません。
要はお金をだまし取ることができればそれでいいと思っているわけです。
本当に恐ろしいですよ。

被害を未然に防ぐために読んでおきたい記事→【http://xn--sex-u63brc8a6cz899asbk.com/

セフレとして生きるには

セフレとして男性との関係を持っていくには、何が必要なのでしょうか。
私は自分自身にいつも言い聞かせていることがあります。
セフレ相手の男性には、こびることをしない、泣かないそして期待しないとこの3つです。
セックスだけの関係を前提としているのがセフレですから、エッチ以上に何か望んではいけないのです。
望んでしまったら、必ずこちらがバカをみることになります。
過去の私は、セフレに対しても普通に恋人感覚で接してしまいました。
その結果、セフレなんだからと言う答えが何度も相手から返ってきたのです。
もちろん、本気にはなりませんでしたがそれでもただセックスするだけでは虚しさを感じてしまい、ついつい媚びたり彼の前で泣いてしまったりしていたのです。
泣くことで何かを期待したこともありました。
しかし彼からしてみれば私は単なる都合の良い相手でしかないのですから、そんな行動をとられてもうっとおしいだけなのです。
頭の中ではそんな結果は分かりきっていましたが、当時は身体も気持ちも全てを満足させたかったのです。
それからしばらくして、過去のことで学習した私は今は相手の男性には絶対媚びたり泣いたり期待したりしないことを決めていて実行しています。
世間的に言われている「都合のいいおんな」これぞまさしく今の私なのです。
でもこうして自分の中でルールを設けてセフレになることで、これはこれでものすごく自由な関係だしお互いセックスがすごく楽しくなっていくし、満足感も恋人同士のセックスよりも最高にあります。
セフレ関係を持ちたいと考えている人、特に女性の人はこの3つを守ってさえいればセフレの関係は案外長く続いていくものですよ。
セックスできない恋人なしよりも、セックスはいつでmできる恋人なしの方が、絶対生きていて楽しいと思います。
所詮男女の間にはセックスはつき物ですし、したいのに我慢するなんてナンセンスです。
自分で処理しても虚しさはこみ上げてくるものですから、思い切ってセフレを作ってしまいましょう。

セフレ専用のためのおすすめサイトランキングはコチラ→年始からセフレサイトでセックス三昧のチャンス到来

簡単!?初めての援助交際のやり方

「援助交際が気になる」 「今、お金がピンチなんだよね」 「でも、ネットでの出会いって怖い気がする・・・」 という方でも安心!
当サイトで紹介しているサイトは、機能、サポート、セキュリティがしっかりしているので初めての方でも気軽に利用可能です。 まずは、ランキングをチェック!

世間のはやりは援助交際です

相手を探すことに苦労をしないのは援助交際で、探そうと思えばその日のうちに相手を見つけてその日のうちにセックスをすることは可能です。
やはりおカネの力というのは何にもかえがたく、お金が欲しいと思っているから若い女性もそうでない女性もお金のために援助交際をやっているという人が非常に多いです。
残念なことですが出会い系サイトの中でも暗躍して援助交際を探している人がほとんどで、その数は全体の半分を占めるともいわれています。
あまり本当のことを言ってはいけないのですがこの数字は本当で、普通の一般女性をはるかにしのぐ数で援助交際は一番の大人気だと言えるのです。

けれどもサイトの中で大っぴらにこのことを話すことは禁じられていますし、掲示板に援助交際という文字を書こうものならすぐにサイトから注意勧告が来てしまうから恐ろしいものです。

サイトにばれないように相手を探すためには、簡単なことですが掲示板を見るだけで事足ります。
掲示板を見てみると、普通の掲示板ではなくこの場合アダルト掲示板を利用するとすぐにわかります。
援助交際を望んでいる女性の場合掲示板に書き込みをするとき、今日すぐに会いますとか今すぐセックスしたい人というふうにものすごく積極的にセックスを誘っていることが多いです。
このような女性たちを見かけたらその女の子のプロフィールを次にみてください。
プロフィールを見てみると、援助してくれるとうれしいなとか、助けてくれたら感謝しますとかそのような言葉を見かけると援助交際だと思って大丈夫です。

相手を気に入って詳しく話しをしたいと思った場合は、サイトの中でメッセージのやりとりをしているとすべてサイト側に見られてしまいますからその心配のない外部サイトに移るのが一般的です。
外部といってもフリーメールのメッセージ交換で十分ですから、遊び専用のフリーメールを複数作っておいてこのような援助交際を希望している女性との連絡手段として使いましょう。
まずは相手がどれくらいの金額で本番をやらしてくれるのかこちらから金額を聞いてみたり、相手の用紙が気になりますから写真を送ってもらったりといろいろした準備があります。
双方の意見が合えば、そのまま待ち合わせという流れになりますが、最初に金額をきちんと決めておかないと争えのもとになりますからこれだけはきちんとしておきましょう。

援助交際の相場の価格

初めての人の場合よくわからずに相手から言われる金額をそのまま出してしまう人も多いのですが、今はだいたい金額も落ち着いており一人の若い女性とセックスをするのに ¥10000から¥30000くらいが妥当だと思います。

はっきりいって¥30000も出すと出し過ぎですから、そこまで高い金額を出すくらいなら相手とは合わないといえるくらいの値段交渉ができるくらいの強い精神を持ちましょう。
重大で若いなら高い金額もうなずけますが、それなりに年齢が言っている人なら例えば30代以降の主婦の場合は ¥5000とかの金額でやってくれる人もいますよ。
やはり相手の年齢とか、体の状態によって金額が変動しますからよく考えましょう。

相手と連絡を取る時は無料電話で

詳しい連絡をする場合とても役に立つのが、自分の携帯電話の番号を伝えなくても相手と通話できる無料電話の存在です。
インターネットの回線を利用して話す無料電話ですが、援助交際をする場合相手との話し合いをするのに最適なんですよ。
メッセージもいいですが、若い女の子のように手早くメッセージを打ち返すことはできませんから相手と詳しい金額の話し合いをするときは直接電話で話すのがいいと思います。

そんな時に活躍するのが無料電話ですから、無料で使うことができるアプリケーションをいくつかインストールしており、この時のために使えるように準備しておくと重宝します。
時間があるときにゆっくりと調べて無料で使えるものだけインストールしておくと、いざという時にすぐに使えますから焦って有料のものをインストールしないように気をつけましょう。
待ち合わせについて電話で話したり料金について打ち合わせをしてみたり、mailでは話しきれないことがすぐに会話で終わりますから楽です。

女の子たちにとってはメールでの話し合いの方が楽という人もいますが、援助交際の場合はこちらがお金を持っており男性の方が主導権を握っているのでこちらから電話をしたいといえば相手も乗ってくれることが多いです。
しっかりと話し、納得のいくような相手と援助交際を楽しんでいただきたいと思います。
援助交際の良いところは直前のキャンセルはほとんどなくお金を欲しいと思っている女の子は必ず待ち合わせの場所に来てくれるというメリットがあります。

やはりポイントはお金になりますから、事前のお金の交渉だけはきちんとしておくのが大切です。
これさえしっかりしておけば後はお互いに楽しむだけで済みますから、事前にきちんと話し合いを済ませて楽しい時間が過ごせるようになるといいですね。

簡単に答えた結果がセフレ関係を作ってしまった

何でも「はい」「はい」と軽く受け答えしてはいけないと、僕は初めてものすごい後悔をしています。
今は彼女が何処で何をしているのかわかりませんが、彼女は高校の同級生でした。
付き合うような関係ではなかったのですが、とても話しやすい相手だったし二人で遊ぶのがすごく楽しかったのです。
いつものように彼女と二人で遊んだ帰りに、彼女から抱いて欲しいといわれたのです。
恥ずかしながらセックスの経験がなかった僕は、本当のことは言えなかったのですが軽く「いいよ」と答えてしまいました。
その似日は遅かったので、後日改めて彼女を連れて初めてのラブホテルへいきました。
すると彼女も未経験で、初めてのエッチは僕としたほうが何かと恥ずかしさも半減すると言ったのです。
そんなことを言われても僕も何をどうしたらいいのか全くわかならない状態でした。
しかし前の日にいろいろなAVをみて勉強はしてきたので、まねして彼女の体をまさぐっていきました。
気持ちがいいのか、どうかはわかりませんが小さな声を聞いた瞬間興奮した僕は一気に入れてしまいました。
また、避妊をしないまま入れてしまったのですが彼女も感覚が分からないようだったのでそのまま黙っていました。
それから僕と彼女はセフレ関係になっています。
正直、彼女とはセフレではなく普通に恋人同士になってしまいたいと言う気持ちのほうが強かったのですが、今更そんなこともいえなくて、ただ彼女がしたいと言えば抱いてあげていろいろな話をして時間をすごしています。
体の相性も悪いと言うわけではないですが、セフレ関係って言うネーミングが僕にはなんとなくしっくりこないもので嫌といえば嫌な関係です。
安請け合いをしてしまった結果ではありますが、本当に後悔していますしこれ以上の後悔をこの先することがあるのだろうかと言うほどの罪悪感でたまらなくなってしまうときがあります。
タイミングを見て、この際僕は彼女にはっきり言おうと考えています。
「恋人同士になりたい」と…

赤裸々SEX体験記事→【出会った女子大生とネカフェで○○○した話