Monthly Archives: 1月 2016

セフレとして生きるには

セフレとして男性との関係を持っていくには、何が必要なのでしょうか。
私は自分自身にいつも言い聞かせていることがあります。
セフレ相手の男性には、こびることをしない、泣かないそして期待しないとこの3つです。
セックスだけの関係を前提としているのがセフレですから、エッチ以上に何か望んではいけないのです。
望んでしまったら、必ずこちらがバカをみることになります。
過去の私は、セフレに対しても普通に恋人感覚で接してしまいました。
その結果、セフレなんだからと言う答えが何度も相手から返ってきたのです。
もちろん、本気にはなりませんでしたがそれでもただセックスするだけでは虚しさを感じてしまい、ついつい媚びたり彼の前で泣いてしまったりしていたのです。
泣くことで何かを期待したこともありました。
しかし彼からしてみれば私は単なる都合の良い相手でしかないのですから、そんな行動をとられてもうっとおしいだけなのです。
頭の中ではそんな結果は分かりきっていましたが、当時は身体も気持ちも全てを満足させたかったのです。
それからしばらくして、過去のことで学習した私は今は相手の男性には絶対媚びたり泣いたり期待したりしないことを決めていて実行しています。
世間的に言われている「都合のいいおんな」これぞまさしく今の私なのです。
でもこうして自分の中でルールを設けてセフレになることで、これはこれでものすごく自由な関係だしお互いセックスがすごく楽しくなっていくし、満足感も恋人同士のセックスよりも最高にあります。
セフレ関係を持ちたいと考えている人、特に女性の人はこの3つを守ってさえいればセフレの関係は案外長く続いていくものですよ。
セックスできない恋人なしよりも、セックスはいつでmできる恋人なしの方が、絶対生きていて楽しいと思います。
所詮男女の間にはセックスはつき物ですし、したいのに我慢するなんてナンセンスです。
自分で処理しても虚しさはこみ上げてくるものですから、思い切ってセフレを作ってしまいましょう。

セフレ専用のためのおすすめサイトランキングはコチラ→年始からセフレサイトでセックス三昧のチャンス到来