Monthly Archives: 2月 2016

悪徳な請求書の話って、本当に馬鹿にならないですよ

悪徳サイトの詐欺の手口というものは最近では特に巧妙化していますからね、まさか自分は詐欺の被害に遭うことは無いだろう、絶対に大丈夫だろうと油断している人に限って詐欺の手口に巻き込まれることが多いので、くれぐれも注意してください。

全く身に覚えのない、わけのわからない請求書だったら、送られてきたものをチェックしたときに、全く身に覚えがないからといってとぼけるということが可能です。
要するに支払いの指示に従わないんですよね。
悪徳なサイトが利用者に対して送ってくる悪徳な請求書というのは、利用者の権利を守る法律というものがちゃんと日本の国には合って、その中でも特に悪徳サイトに関する決まりは厳しく設定されています。

どう考えても払えないような高額な料金を請求してくる場合もあれば、例えば五万円程度の、ちょっと無理をすれば払えるくらいの金額を請求される場合もあります。
特に後者の場合は、もしも支払いの指示に従わなければ大変なことになると勘違いした利用者が、つい支払ってしまうというケースが多いみたいです。
ちなみに、私はどちらのタイプの請求書も実際に送られてきた経験があるので、もし送られてきた請求書の金額が少なくて、支払いに応じなければひどいことになると思い込んでいる場合、怖くなってつい指示に従ってしまうという人の気持ちはよく分かります。

ただ、悪徳なサイトの請求書について本当に恐ろしいのは、実は一度でも指示に従ってお金を払ってしまった、その後かもしれません。
悪徳なサイトから請求書が来ても、これは払わなくていいということをきちんと理解していて、何回請求書が送られてきてもずっと無視したり、あるいは消費者生活センターなど公的な機関に相談するなど適切な処置が取れる人は、悪徳サイトの運営者も「こいつはカモにならないからダメだ」といってそのうち諦め、請求書を送ってこなくなるものなのですが、模試請求書の内容を真に受けてしまって一回でも料金を支払ってしまったら、悪徳サイトの運営者に「こいつはカモになる」もっとだましてやろうと判断されて、最悪の場合死ぬまで騙され続けることになってしまいます。

まあ、死ぬまでというのはさすがに大げさで、一番かんたんな方法なら、メールアドレスを変更するだけでも請求書は届かなくなるものなんですが、いずれにしても、請求をずっと無視し続けるのがベストなんです。
私の知人などは、ちょっとでも請求の内容に疑問を持ったら、自分が利用しているサイトが本当に優良なサイトなのかどうかを徹底的にチェックするといっていました。
もしも悪徳サイトだったら、自分がカモだと思われたくないじゃないですか。
送られてきた請求書の内容について、金額が大きい場合も小さい場合も要注意です。
今回は請求されている金額が小さいから、まあ払ってもいいかというふうに相手に少しでも弱みを見せてしまうと、単純に次からはもっと請求される金額が大きくなるというパターンです。
悪徳サイトの運営者は、利用者をだますことしか考えていません。
要はお金をだまし取ることができればそれでいいと思っているわけです。
本当に恐ろしいですよ。

被害を未然に防ぐために読んでおきたい記事→【http://xn--sex-u63brc8a6cz899asbk.com/