Monthly Archives: 4月 2016

私はどうやら真剣にセックス依存症らしいです

自分でも戸惑っているのですが、これは本当のことらしいのです。セックス依存症という病気が、心因性のものとして今では認められています。診断基準を設けるのが難しいうえに、たとえ自分が「もしかして私はセックス依存症ではないか?」という疑いを持ったとしても、なかなかそんなことで医者にかかる勇気がある女性というのは少ないんじゃないかなと思います。
自分のことを見てくれるお医者さんが男性か女性かによっても多少は変わってくるのだと思いますが、いろいろ質問と化されて、その結果「あなたはセックス依存症です」とか言われたら、本当に死んでしまいたいほど恥ずかしいじゃないですか。

私も、なかなか自分でも認めるのが嫌だったのですが、私はひょっとするとセックス依存症ではないかという疑いを持った時に、最初に行った産婦人科(どこに行けばいいのかわからなかったので、なんとなく産婦人科に行きました)で、男性の医師から「あなたはひょっとするとセックス依存症の疑いがあるかもしれません」って言われた時は、本当に死ぬほど恥ずかしかったですよ。

余談ですけど、産婦人科って主に女性がかかる病院なのに、なぜか男性の医師のほうが多いですよね。女医さんだってもちろんいますけれど、私はこれまで産婦人科にお世話になった際、男性の医師にお世話になったことのほうが多いように思います。私だけではなくて、多くの女性が同じように感じているのではないでしょうか。

もちろんお産の時だって、男性の医師がサポートしてくれるわけです。お産の時はとにかくお腹がいたくて(私も子供を産んだ経験がありますけど)とても恥ずかしいとかそんなことを考えている余裕はないんですけど、よく考えたら、夫ではない男性に思いっきりあそこを見られてるんですよね。

また、旦那だってまさか、俺以外の男が嫁のあそこを見ている、なんてことについてあれこれと考える余裕なんてないと思うんですけど、冷静に考えれば恥ずかしくて死にそうなことを、割と平気でやってしまえる女ってやっぱり強いよなって自分で思ってしまうのです。

話がそれましたが、私が産婦人科に行って、最初に男性の医師から「あなたはセックス依存症の疑いがあります」というようなことを言われた時、恥ずかしくて死にそうだっただけではなくて、恥ずかしさのあまり、あそこが本当に濡れたんです。
マジでいやらしい女性というのは、性的なキーワードに何でもかんでも反応してしまって、そこからいろいろと妄想を膨らませて、あそこを濡らすようなことになるんですよね。

私はどうやら自分でもあきれるくらいいやらしい女みたいです。そりゃあ、お医者さんから「セックス依存症ではないか」といわれてしまうくらいですから、よっぽどいやらしい女であることは間違いがないんですけどね。セックス依存症という診断をはじめて受けた時、それがどれだけやばい症状なのかというのがわからなかったので、私としてはもちろん不安だったのですが、男性の医師からは意外にも、セックス依存症だからといって、今すぐに特別心配しなければならないことがあるわけではないといわれました。

例えば、セックス依存症がゆえにアブノーマルなセックスにはまってしまい、それが原因で自分の体調が悪くなったり、あるいは体にけがをしたりという事態になれば、セックス依存症は危険だと判断せざるを得ませんが、そういうことがない限り、セックス依存症だからといって特別気にする必要はないということを言われたのです。

私に気を遣ってくれたのでしょうが、お医者さんはものすごく慎重に言葉を選んでいました。もう少しくらい直接的な言い方をされても大丈夫なのになあと思ったくらいです。もともと、セックス依存症ではないかという互いをもって産婦人科にやってきた私のほうが悪いわけですから。

セックス依存症があまりにもほどくなって、それが原因で体を壊したりするようなことがあれば、お医者さんから仕方なく、心療内科への通院などを勧められるケースも確かにあるようなのですが、私の場合は全くそんなこともなく、ちょっと心配しすぎたくらいかと思ったくらいです。

私と同じように「自分はひょっとしてセックス依存症ではないか? 病院にいかなければマズいのではないか」というふうに不安に思っている人は多いと思うのですが、実はセックス依存症って、それほど深刻なものばかりではないようなのです。
少なくとも、セックス依存症の疑いがあるからといって、今すぐ入院したりする必要はありません。
ましてや、命の危険があるということもありません。

むしろ私がセックス依存症の疑いがあることについて、お医者さんは「最近ではセックスレスで悩む男女が増えていますが、セックスレスより依存症のほうがずっといい」というふうに言われたんです。そう言われて、私は随分と気持ちが楽になりました。きっと私がセックス依存症になってしまった原因は、旦那とのセックスがあまりにもよすぎるせいです。旦那にはもちろん感謝していますし、心の底から愛しているので、離婚をすることなんて絶対考えられません。本当に死ぬまでずっと一緒にいたいと思っています。

ただ、旦那とのセックスがあまりによすぎるせいで、うちの旦那があまりにエッチな人だから、そのせいで私がお医者さんから「こいつはきっとエロい女なんだろうな」と思われてしまったかもしれないことについては、やっぱりちょっとだけ嫌です。セックス依存症の疑いがあるといわれた時に、あそこを濡らした私も、女としてどうなのかと思うわけですが……

SEXに関する記事