正直、出会いを求めている友達をバカにしていた時期もあるんですけど


今では友達をバカにすることなんて絶対にできないですね。なぜなら、私自身が出会い系サイトにはまってしまいましたから。かつて友人をバカにしていた私が、今ではどんなふうに出会い系サイトを利用しているのか、どんな目的で出会い系サイトを利用しているのか、そこのところがきになるというひとがもしかしたらいるかもしれません。

どういう目的で出会い系サイトを利用しているのか、もし誰かに聞かれることがあったとしたら、私は正直に、分からないと答えると思います。決してはぐらかしているわけではなく、本当に分からないのです。ただ単に分からないというよりは、明確な目的をもって出会い系サイトを利用しているわけではないといったほうが正確かもしれません。

もともと私は、誰かと一緒にいるより一人で時間を過ごしたほうが楽しい、と考えるタイプの人間でした。だからこそ、必死に出会いを求めている友人のことを、心のどこかでは小ばかにしていたのです。今になって思えば、その友人に対しては本当に失礼なことを考えていたものだと思います。

失礼だったとはいえ、私は彼に何か否定的なことを言ったということは無く、あくまで自分の心の中で友人のことをちょっぴりバカにしていただけなので、私の思考が原因で友人との関係が悪化したということは無いのですが、いざ自分が出会い系サイトというものにはまると、実は昔は出会い系サイトというものをバカにしていたなんてことは絶対に言えないなあと思います。

出会い系サイトというものをむつかしく考えていたのかもしれません。あるいは、実際に自分がちゃんと出会い系サイトというものを使ってみたわけでもないのに、出会いを試してみる前から、出会い系サイトというものについて悪いイメージを持ち続けていたというのも大きいかもしれません。

もっというなら、出会い系サイトというものを利用するんだったら、必ず素敵な恋人を見つけなければ意味がないんだとか、変なふうに気負いすぎていた部分があるかもしれません。出会い系サイトというものを利用している人が多く、すごく便利なサイトだという話をたくさん聞けば聞くほど、それだけ便利なサイトを利用するんだったら、模試素敵な出会いを達成できなかったら恥ずかしいというふうに、自分を追い込んでしまっていたのです。

しかし実際には、出会い系サイトというものを利用するということはもっと気軽なものなんです。出会い系サイトというものを利用しているからといって、必ず恋人を見つけなければならないという決まりがあるわけではないし、婚カツがきちんとできなければ人間失格といわれるわけでもありません(関連記事【http://xn--eck4ae1fvfp23rghe5pebv6j.net/】)。

出会い系サイトというものを利用することはもっと自由なんです。極端なことを言えばどんな使い方をしても良いので、別に人妻が不倫するのだってありだし(実際に不倫をしている人だっているし)もっと言えば女の子同士の友達を探したってかまわないのです。

話し相手が一人見つかるだけでも、人生はものすごく楽しくなります。難しいことを考えなくても、気軽に誰とでもコミュニケーションをとれるのが、出会い系サイトのいいところなのです。