Category Archives: SEXを体験する事

お金がもらえると分かっていれば、セックスする決心をする人は結構多いと思います

これはもちろん、男女ともにいえることです。男性なら、女性からお金をもらったうえにセックスまでできる(させてもらえる)ということになれば、たとえ相手の女性がそれほど好みのタイプでなくても、致命的な問題さえなければ(例えば性病にり患しているなど)割と誰とでも抵抗なくセックスできるという男性は多いでしょう。お金がもらえるということはつまり、誰にとってもそれだけ大きなメリットということになるのです。

お金がもらえると分かればセックスしてもいいという気分になるのは、何も男性だけに限った話ではありません。建前のうえでは、誰とセックスをするかという問題は非常に大事だとか、あるいは、好きではない男性とは絶対にセックスしたくないとか、そんなふうに言っていても、少なくとも出会い系アプリを利用している女性だったら、常に出会いを求めているというか寂しさを感じているのは事実なので、自分にとって「お金がもらえるといったような」明確なメリットがあると分かれば、割と簡単にセックスすると思いますね。

実際に私は、18禁の出会いアプリを利用して、見返りがあるんだったらあなたとセックスしてもいいといってくるような女性と知り合ったことがあります。うまくは言えませんが、お金という見返りでセックスをするというのは、なんだか援助交際をしている気分になります。そういう気分になるというより、実際にだれがどう見てもそういう男女関係なのだということになるのかもしれませんが、なぜか私は、彼女にお金を払ってセックスしたとき、自分が援助交際で女を買ったのだという気分にはならなかったんです。

援助交際といえばなんとなく中年の男性がお金で女子中高生を買うものだというイメージがあり、私が決して中年の男ではないからというのが、その理由だと思うのですが。やっぱり、一度目にはお金を払って彼女との関係を持った後も、それ以降ずっと、彼女との関係は続いているので(ほとんどセックスを中心とした関係ですが)やはり私たちの関係は、単なる援助交際というものではないのだなというふうに考えます。

セックスをするというということについて、明確なメリットがあるということが分かったらセックスしてもいいという気分になる女性は結構多いと書きましたが、女性に対して示す見返りというのは、やっぱりお金というものが一番効果的で、相手から了解を得やすいものだと思います。どんなきれいごとを言ったって、誰だってやっぱりお金は欲しいですからね。セックスすることで自分が気持ちよくなれるうえに、それに加えてお金までもらえるというのは、やはり女性にとって大きなメリットになるのだと思います。

一緒にするなといわれるかもしれませんが、私は何となく、お金をもらった見返りにセックスする男女の気持ちというのは、お金をもらった上でアダルトビデオに出演したり自分の下着を売ったりする人の気持ちによく似ているのかなというふうに考えます。

現在の日本の法律では、アダルトビデオに出演したり自分の下着を売ったりすることについて、明確な罰則規定はありません。どう考えても、例えばアダルトビデオの制作サイドがあまりに非合法的な手段でいやがる女性を無理にアダルトビデオに出演させたなどの理由がない限り、お互いに合意のうえでビデオに出演するのであれば、罪にはなりません。

最近では、自分から望んでアダルトビデオに出演する女性も多いと聞きますが、その理由はやっぱり、ビデオに出演するメリットが、女性にとって非常に大きいからなんです。しんどい思いをしなくても、セックスをするだけでお金がもらえるというわけです。

女性専用の援助サイト→逆援助

人間なんてみんないやらしいんですよ

これを言ってしまえばもうおしまいかもしれませんが、でも、本当のことですよね。私もかなりいやらしい自覚がありますよ、女ですけど、そんなことは関係ありませんね。おんななんだからいやらしいのはいけないとか言われると、むっちゃ腹が立つんですよ。

私自身、性欲が強いことについてはかなり自信があって(自信を持つべきことではないのかもしれませんが)別に其れが悪いことだとも思っていないんです。人間なんてみんないやらしいものだというのが私の考え方なので。

私自身は結婚したいと思ってるんですよ、ただ、残念ながら、今のところは相手がいなくて(笑)やっぱりいろいろな男とやりまくっている女なんて、男性からしたら嫌なんでしょうね。当たり前ですけど、セフレとして選ぶんだったらいやらしい女のほうが嬉しくても、結婚相手として選ぶんだったら、やらしい女なんて嫌ですよね。結婚する前から、こいつは自分の他にもいろいろな男とやりまくっている女だということがばれるわけですから。

私ももちろん、婚活をするつもりで出会い系サイトを利用するときは、余計なことを言わないようにしているんです。だからわたしはエッチだからいろいろな男たちとセックスしまくっている世みたいなことは言わないようにしているんです。

婚活をしているときにわざわざそんなことを言う女なんていないと思うんですけど……でも私の経験則では、いやらしい女かどうかということは、セックスしたらすぐにばれますね。セックスの経験が浅い振りなんてできないですから、それに私の場合は、セックスに関して非常に目が肥えてしまっていて(之も自慢できるようなことではありませんが)セックスが下手な男と出会ったとき、すごく評価を辛口につけてしまうんです。

結婚相手を探すんだったら、セックスの相性とかよりももっと大事なことってあると思うんです。経済力とか責任感とか……私だってそんなことは常識的に分かってるんです。でも私は、セックスの相性というポイントから男性を選ばずにはいられないんですよね。そんなことではいけないと分かっていながら、なんだかんだ言ってそれを最重要のポイントに考えているような気がします。だから、この人は本当に素敵な人だなと思える人に出会っても、その人が男性として、人間として素晴らしい条
件の人でも、セックスの相性が悪かったらもうそれだけで魅力を感じなくなってしまうんですよ。

私と出会った男性は、ひょっとしたら災難かもしれないですね。

私はどうやら真剣にセックス依存症らしいです

自分でも戸惑っているのですが、これは本当のことらしいのです。セックス依存症という病気が、心因性のものとして今では認められています。診断基準を設けるのが難しいうえに、たとえ自分が「もしかして私はセックス依存症ではないか?」という疑いを持ったとしても、なかなかそんなことで医者にかかる勇気がある女性というのは少ないんじゃないかなと思います。
自分のことを見てくれるお医者さんが男性か女性かによっても多少は変わってくるのだと思いますが、いろいろ質問と化されて、その結果「あなたはセックス依存症です」とか言われたら、本当に死んでしまいたいほど恥ずかしいじゃないですか。

私も、なかなか自分でも認めるのが嫌だったのですが、私はひょっとするとセックス依存症ではないかという疑いを持った時に、最初に行った産婦人科(どこに行けばいいのかわからなかったので、なんとなく産婦人科に行きました)で、男性の医師から「あなたはひょっとするとセックス依存症の疑いがあるかもしれません」って言われた時は、本当に死ぬほど恥ずかしかったですよ。

余談ですけど、産婦人科って主に女性がかかる病院なのに、なぜか男性の医師のほうが多いですよね。女医さんだってもちろんいますけれど、私はこれまで産婦人科にお世話になった際、男性の医師にお世話になったことのほうが多いように思います。私だけではなくて、多くの女性が同じように感じているのではないでしょうか。

もちろんお産の時だって、男性の医師がサポートしてくれるわけです。お産の時はとにかくお腹がいたくて(私も子供を産んだ経験がありますけど)とても恥ずかしいとかそんなことを考えている余裕はないんですけど、よく考えたら、夫ではない男性に思いっきりあそこを見られてるんですよね。

また、旦那だってまさか、俺以外の男が嫁のあそこを見ている、なんてことについてあれこれと考える余裕なんてないと思うんですけど、冷静に考えれば恥ずかしくて死にそうなことを、割と平気でやってしまえる女ってやっぱり強いよなって自分で思ってしまうのです。

話がそれましたが、私が産婦人科に行って、最初に男性の医師から「あなたはセックス依存症の疑いがあります」というようなことを言われた時、恥ずかしくて死にそうだっただけではなくて、恥ずかしさのあまり、あそこが本当に濡れたんです。
マジでいやらしい女性というのは、性的なキーワードに何でもかんでも反応してしまって、そこからいろいろと妄想を膨らませて、あそこを濡らすようなことになるんですよね。

私はどうやら自分でもあきれるくらいいやらしい女みたいです。そりゃあ、お医者さんから「セックス依存症ではないか」といわれてしまうくらいですから、よっぽどいやらしい女であることは間違いがないんですけどね。セックス依存症という診断をはじめて受けた時、それがどれだけやばい症状なのかというのがわからなかったので、私としてはもちろん不安だったのですが、男性の医師からは意外にも、セックス依存症だからといって、今すぐに特別心配しなければならないことがあるわけではないといわれました。

例えば、セックス依存症がゆえにアブノーマルなセックスにはまってしまい、それが原因で自分の体調が悪くなったり、あるいは体にけがをしたりという事態になれば、セックス依存症は危険だと判断せざるを得ませんが、そういうことがない限り、セックス依存症だからといって特別気にする必要はないということを言われたのです。

私に気を遣ってくれたのでしょうが、お医者さんはものすごく慎重に言葉を選んでいました。もう少しくらい直接的な言い方をされても大丈夫なのになあと思ったくらいです。もともと、セックス依存症ではないかという互いをもって産婦人科にやってきた私のほうが悪いわけですから。

セックス依存症があまりにもほどくなって、それが原因で体を壊したりするようなことがあれば、お医者さんから仕方なく、心療内科への通院などを勧められるケースも確かにあるようなのですが、私の場合は全くそんなこともなく、ちょっと心配しすぎたくらいかと思ったくらいです。

私と同じように「自分はひょっとしてセックス依存症ではないか? 病院にいかなければマズいのではないか」というふうに不安に思っている人は多いと思うのですが、実はセックス依存症って、それほど深刻なものばかりではないようなのです。
少なくとも、セックス依存症の疑いがあるからといって、今すぐ入院したりする必要はありません。
ましてや、命の危険があるということもありません。

むしろ私がセックス依存症の疑いがあることについて、お医者さんは「最近ではセックスレスで悩む男女が増えていますが、セックスレスより依存症のほうがずっといい」というふうに言われたんです。そう言われて、私は随分と気持ちが楽になりました。きっと私がセックス依存症になってしまった原因は、旦那とのセックスがあまりにもよすぎるせいです。旦那にはもちろん感謝していますし、心の底から愛しているので、離婚をすることなんて絶対考えられません。本当に死ぬまでずっと一緒にいたいと思っています。

ただ、旦那とのセックスがあまりによすぎるせいで、うちの旦那があまりにエッチな人だから、そのせいで私がお医者さんから「こいつはきっとエロい女なんだろうな」と思われてしまったかもしれないことについては、やっぱりちょっとだけ嫌です。セックス依存症の疑いがあるといわれた時に、あそこを濡らした私も、女としてどうなのかと思うわけですが……

【SEXに関する記事】

セフレとして生きるには

セフレとして男性との関係を持っていくには、何が必要なのでしょうか。
私は自分自身にいつも言い聞かせていることがあります。
セフレ相手の男性には、こびることをしない、泣かないそして期待しないとこの3つです。
セックスだけの関係を前提としているのがセフレですから、エッチ以上に何か望んではいけないのです。
望んでしまったら、必ずこちらがバカをみることになります。
過去の私は、セフレに対しても普通に恋人感覚で接してしまいました。
その結果、セフレなんだからと言う答えが何度も相手から返ってきたのです。
もちろん、本気にはなりませんでしたがそれでもただセックスするだけでは虚しさを感じてしまい、ついつい媚びたり彼の前で泣いてしまったりしていたのです。
泣くことで何かを期待したこともありました。
しかし彼からしてみれば私は単なる都合の良い相手でしかないのですから、そんな行動をとられてもうっとおしいだけなのです。
頭の中ではそんな結果は分かりきっていましたが、当時は身体も気持ちも全てを満足させたかったのです。
それからしばらくして、過去のことで学習した私は今は相手の男性には絶対媚びたり泣いたり期待したりしないことを決めていて実行しています。
世間的に言われている「都合のいいおんな」これぞまさしく今の私なのです。
でもこうして自分の中でルールを設けてセフレになることで、これはこれでものすごく自由な関係だしお互いセックスがすごく楽しくなっていくし、満足感も恋人同士のセックスよりも最高にあります。
セフレ関係を持ちたいと考えている人、特に女性の人はこの3つを守ってさえいればセフレの関係は案外長く続いていくものですよ。
セックスできない恋人なしよりも、セックスはいつでmできる恋人なしの方が、絶対生きていて楽しいと思います。
所詮男女の間にはセックスはつき物ですし、したいのに我慢するなんてナンセンスです。
自分で処理しても虚しさはこみ上げてくるものですから、思い切ってセフレを作ってしまいましょう。

セフレ専用のためのおすすめサイトランキングはコチラ→年始からセフレサイトでセックス三昧のチャンス到来

簡単!?初めての援助交際のやり方

「援助交際が気になる」 「今、お金がピンチなんだよね」 「でも、ネットでの出会いって怖い気がする・・・」 という方でも安心!
当サイトで紹介しているサイトは、機能、サポート、セキュリティがしっかりしているので初めての方でも気軽に利用可能です。 まずは、ランキングをチェック!

世間のはやりは援助交際です

相手を探すことに苦労をしないのは援助交際で、探そうと思えばその日のうちに相手を見つけてその日のうちにセックスをすることは可能です。
やはりおカネの力というのは何にもかえがたく、お金が欲しいと思っているから若い女性もそうでない女性もお金のために援助交際をやっているという人が非常に多いです。
残念なことですが出会い系サイトの中でも暗躍して援助交際を探している人がほとんどで、その数は全体の半分を占めるともいわれています。
あまり本当のことを言ってはいけないのですがこの数字は本当で、普通の一般女性をはるかにしのぐ数で援助交際は一番の大人気だと言えるのです。

けれどもサイトの中で大っぴらにこのことを話すことは禁じられていますし、掲示板に援助交際という文字を書こうものならすぐにサイトから注意勧告が来てしまうから恐ろしいものです。

サイトにばれないように相手を探すためには、簡単なことですが掲示板を見るだけで事足ります。
掲示板を見てみると、普通の掲示板ではなくこの場合アダルト掲示板を利用するとすぐにわかります。
援助交際を望んでいる女性の場合掲示板に書き込みをするとき、今日すぐに会いますとか今すぐセックスしたい人というふうにものすごく積極的にセックスを誘っていることが多いです。
このような女性たちを見かけたらその女の子のプロフィールを次にみてください。
プロフィールを見てみると、援助してくれるとうれしいなとか、助けてくれたら感謝しますとかそのような言葉を見かけると援助交際だと思って大丈夫です。

相手を気に入って詳しく話しをしたいと思った場合は、サイトの中でメッセージのやりとりをしているとすべてサイト側に見られてしまいますからその心配のない外部サイトに移るのが一般的です。
外部といってもフリーメールのメッセージ交換で十分ですから、遊び専用のフリーメールを複数作っておいてこのような援助交際を希望している女性との連絡手段として使いましょう。
まずは相手がどれくらいの金額で本番をやらしてくれるのかこちらから金額を聞いてみたり、相手の用紙が気になりますから写真を送ってもらったりといろいろした準備があります。
双方の意見が合えば、そのまま待ち合わせという流れになりますが、最初に金額をきちんと決めておかないと争えのもとになりますからこれだけはきちんとしておきましょう。

援助交際の相場の価格

初めての人の場合よくわからずに相手から言われる金額をそのまま出してしまう人も多いのですが、今はだいたい金額も落ち着いており一人の若い女性とセックスをするのに ¥10000から¥30000くらいが妥当だと思います。

はっきりいって¥30000も出すと出し過ぎですから、そこまで高い金額を出すくらいなら相手とは合わないといえるくらいの値段交渉ができるくらいの強い精神を持ちましょう。
重大で若いなら高い金額もうなずけますが、それなりに年齢が言っている人なら例えば30代以降の主婦の場合は ¥5000とかの金額でやってくれる人もいますよ。
やはり相手の年齢とか、体の状態によって金額が変動しますからよく考えましょう。

相手と連絡を取る時は無料電話で

詳しい連絡をする場合とても役に立つのが、自分の携帯電話の番号を伝えなくても相手と通話できる無料電話の存在です。
インターネットの回線を利用して話す無料電話ですが、援助交際をする場合相手との話し合いをするのに最適なんですよ。
メッセージもいいですが、若い女の子のように手早くメッセージを打ち返すことはできませんから相手と詳しい金額の話し合いをするときは直接電話で話すのがいいと思います。

そんな時に活躍するのが無料電話ですから、無料で使うことができるアプリケーションをいくつかインストールしており、この時のために使えるように準備しておくと重宝します。
時間があるときにゆっくりと調べて無料で使えるものだけインストールしておくと、いざという時にすぐに使えますから焦って有料のものをインストールしないように気をつけましょう。
待ち合わせについて電話で話したり料金について打ち合わせをしてみたり、mailでは話しきれないことがすぐに会話で終わりますから楽です。

女の子たちにとってはメールでの話し合いの方が楽という人もいますが、援助交際の場合はこちらがお金を持っており男性の方が主導権を握っているのでこちらから電話をしたいといえば相手も乗ってくれることが多いです。
しっかりと話し、納得のいくような相手と援助交際を楽しんでいただきたいと思います。
援助交際の良いところは直前のキャンセルはほとんどなくお金を欲しいと思っている女の子は必ず待ち合わせの場所に来てくれるというメリットがあります。

やはりポイントはお金になりますから、事前のお金の交渉だけはきちんとしておくのが大切です。
これさえしっかりしておけば後はお互いに楽しむだけで済みますから、事前にきちんと話し合いを済ませて楽しい時間が過ごせるようになるといいですね。

簡単に答えた結果がセフレ関係を作ってしまった

何でも「はい」「はい」と軽く受け答えしてはいけないと、僕は初めてものすごい後悔をしています。
今は彼女が何処で何をしているのかわかりませんが、彼女は高校の同級生でした。
付き合うような関係ではなかったのですが、とても話しやすい相手だったし二人で遊ぶのがすごく楽しかったのです。
いつものように彼女と二人で遊んだ帰りに、彼女から抱いて欲しいといわれたのです。
恥ずかしながらセックスの経験がなかった僕は、本当のことは言えなかったのですが軽く「いいよ」と答えてしまいました。
その似日は遅かったので、後日改めて彼女を連れて初めてのラブホテルへいきました。
すると彼女も未経験で、初めてのエッチは僕としたほうが何かと恥ずかしさも半減すると言ったのです。
そんなことを言われても僕も何をどうしたらいいのか全くわかならない状態でした。
しかし前の日にいろいろなAVをみて勉強はしてきたので、まねして彼女の体をまさぐっていきました。
気持ちがいいのか、どうかはわかりませんが小さな声を聞いた瞬間興奮した僕は一気に入れてしまいました。
また、避妊をしないまま入れてしまったのですが彼女も感覚が分からないようだったのでそのまま黙っていました。
それから僕と彼女はセフレ関係になっています。
正直、彼女とはセフレではなく普通に恋人同士になってしまいたいと言う気持ちのほうが強かったのですが、今更そんなこともいえなくて、ただ彼女がしたいと言えば抱いてあげていろいろな話をして時間をすごしています。
体の相性も悪いと言うわけではないですが、セフレ関係って言うネーミングが僕にはなんとなくしっくりこないもので嫌といえば嫌な関係です。
安請け合いをしてしまった結果ではありますが、本当に後悔していますしこれ以上の後悔をこの先することがあるのだろうかと言うほどの罪悪感でたまらなくなってしまうときがあります。
タイミングを見て、この際僕は彼女にはっきり言おうと考えています。
「恋人同士になりたい」と…

赤裸々SEX体験記事→【出会った女子大生とネカフェで○○○した話】